ウグイス(鶯) ~一人で感激している~
- 2023/01/29(Sun) -
鶯051

やってきたのはウグイス。
絡み合う冬枯れた蔓草の上に立つ。
あまり動かない。
声も出さず。

全体地味な色。
雄雌同色なのでどちらかは判別できない。
白みを帯びた眉斑と淡黒の過眼線。
肉色の嘴と脚。
鈍い灰緑の頭部と白い腹。
それにやや長い尾。

春から夏の間、知られるその美しいさえずりは家に居てもよく聞くことができる。
しかし、姿を見るのは至難。
私は過去に2回だけで、これでようやくの三度目。
前回は2015年の3月だから8年前になる。

いやあ、うれしい。
ほんとにほんとに。

   冬の鶯きて一人で感激している   (上武旋転子)

鶯052

鶯053

鶯201503262
                                  2015年3月26日
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
<<メジロ(目白) ~桜祭り~ | メイン | サザンカ(山茶花) ~雪でした~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |