ガクアジサイ(額紫陽花) ~猛暑日の中で~
- 2022/06/30(Thu) -
ガクアジサイ1041

紫陽花に水やりをしていた。
と、そこにひょっこり友の顔。
「ワオーッ。ビックリしたあ」
時計を見れば8:15、予定では9:00のはず。
「いや、ごめん。暑さが気になって家を6:00に出てきたんだよ」
「熱中症が心配になってね。私がせかしたの」と元養護教諭の奥様。
小諸から途中休憩を挟んで、2時間15分。
「お疲れさん。とりあえず、中で冷たいものでも飲んでから始めよう」
喉を潤しながら、大まかな作業の手順や道具、材料の確認をする。
そして20分、「じゃあ、やるか」。
重いものを運んだりの重労働、安全に安全に。
そして働く、働く、汗を流して働く。
休憩を取り、水分補給をしながらさらに働く。
途中、家人がスイカと冷えた“ルイボスティー”を持ってくる。
予想よりスムーズに作業が捗る。
午前中におよそ9割が終わる。
あとは昼食後。
二日前に沖縄の友人から届いたマンゴーと海葡萄などをお出しする。
食休みしながらプロジェクトの名称や今後の管理、資料などについて話し合う。
1時間して作業再開。
1時間で終了。
思いのほか、私がイメージした以上に充実した様に仕上がった。
汗ばんだ互いの顔に満足感が表れている。
二人はこの後、近くの温泉に入って帰るという。
「じゃあ、気をつけて。七月にはそちらへ行くからね」

いろいろな紫陽花が庭を彩る。
青から赤味へ変わる額紫陽花も彼岸桜の下で。

   紫陽花を眺めてちひろの絵の思い浮かぶ六月尽 (奈美あや)

ガクアジサイ1042

ガクアジサイ1043

ガクアジサイ1044

ガクアジサイ1045

ガクアジサイ1046


この記事のURL | 日常・おはなし・他 | CM(1) | ▲ top
<<カスミソウ(宿根霞草) ~うふふうふふふふふ~ | メイン | ノリウツギ(糊空木) ~今日は外働きの日~ >>
コメント

猛暑の中での作業。
「充実」と「満足」で終了ですか。
よかったですが、読むだけで暑そうです。

でも、ガクアジサイの青がひんやりと冷たそうで、海の中のようで涼しくなりました
2022/07/01 01:09  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |