オクラ(秋葵の花) ~「福島へ家族で行ってきました」~
- 2019/08/21(Wed) -
秋葵の花191

夕方チャイムが鳴った。
斜向かいの竹村さんが末っ子のナッチャンを連れていた。
「いつもお世話になります。妻の実家の福島へ家族で行ってきました」
そして「お土産です」と渡されたのは郡山のお菓子だった。
若いご夫婦はお二人とも臨床工学技士で、それぞれ違う大きな病院に勤務している。
日々患者さんと向き合う仕事柄、なかなか一緒の休みが取れなくて、盆あけてからようやく合わせることができたという。
片道およそ500㎞の道のりを運転し、先ほど帰ってきたところだと。
言葉遣いが丁寧で礼儀正しい好青年である。

2軒隣に新築して引っ越してこられて6年になる竹村さん。
忙しいお二人故、話す機会もあまりなく、「お世話」らしいこともしていないが、律儀である。
紙袋には母と乳児の温かな優しい絵が描いてあった。


黄色いやわらかなオクラの花が咲いている。
秋葵の漢字が充てられるのもなるほどに。

   初恋の君のおもかげオクラ花  (八木紀子)

秋葵の花192

秋葵の花193

秋葵の花194

ままどおる1

ままどおる2
この記事のURL | 日常・おはなし・他 | CM(0) | ▲ top
<<ホオズキ(鬼灯・酸漿) ~赤らみぬ~ | メイン | サルスベリ(百日紅・猿滑) ~たとえるならそれは~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |