ユキワリソウ(赤い雪割草)
- 2008/03/22(Sat) -
雪割草赤

 
  うらうらと雪割草に南風  (文)

雪割草最後の一輪である。
春風に誘われて外へ出してみた。
空の青に薄紅色が映える。
光を受けてくっきりと花の陰影が浮かび上がる。

暫く前に知った陶淵明の「閑情賦」十願の章の一節を思い出した。
  願わくは衣にありては領(襟)となり、あなたの顔のまわりの香の中に埋もれていたい。
  願わくは昼にありては影になりたい。影ならいつもあなたと一緒にいることができる。

この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<サンシュユ(山茱萸)~春黄金花~ | メイン | クリスマスローズ(Christmas rose)>>
コメント
おはようございます!
雪割草
いい名前です!
最後の一輪
寂しい感じがします…

今日は朝からやけに鳥たちの鳴き声が…
2008/03/22 06:48  | URL | 薄雪草 #-[ 編集] |  ▲ top


陶淵明の作品「桃花源記」は、大好きです。
と言うのも、此方の四月は、まさしくその、
桃源郷のようになるからです。
2008/03/22 09:53  | URL | chiemi #-[ 編集] |  ▲ top

ステキ☆
空と花の色合いが、素敵ですね。
最後の一輪とは、寂しい限り。。。でも、また来年!!
次回は、どんな春のお花を紹介してくれるのか♪楽しみにしています(^^)
2008/03/22 23:02  | URL | Hi- #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hiougi.blog93.fc2.com/tb.php/433-dae4fa79
| メイン |