イトバハルシャギク(糸葉波斯菊) ~蝉の声~
- 2017/07/16(Sun) -
イトバハルシャギク329

コスモスにも似た形の黄色い花は糸葉波斯菊。
糸葉の名がつくのはその葉が細いからだろうか。
宿根草で、こうした姿を毎年見せてくれる。
虫たちも好きらしい。

辺りにはアブラゼミもその声を増やしつつある。
夏の声、夏の音、夏の響き。

  聞くうちに蟬は頭蓋の内に居る  (篠原梵)

イトバハルシャギク337

イトバハルシャギク478

イトバハルシャギク486
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
<<カーネーション(carnation・和蘭撫子) ~3年目~ | メイン | ニガウリ(苦瓜・蔓茘枝・ゴーヤ ) ~毎年作るもの~>>
コメント

今日は日光の植物園に行ったのです。

山野草の可憐な姿に癒されて来ましたよ。

植物の不思議な力「フィトンチッド」初めて知りましたが、
hiougiさんが元気なのは 植物から健康万能薬をプレゼントされているのかも知れないと思いました。

謎が解明出来てとても嬉しい一日でした。
2017/07/16 22:00  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |