ハンゲショウ(半夏生・半化粧・片白草) ~花と季節感~
- 2017/07/04(Tue) -
ハンゲショウ173

葉の緑の上にたくさんの白蝶がふわり。
そんな様子にも見えるのは半夏生。

半夏生(七十二候)の頃に咲くから“半夏生”だとか。
葉の半分が白くなり、半分化粧をしたように見えるから“半化粧”だとか。
全体の中の一部分だけが白いから“片白草”だとか。
いずれも趣がある。

実際には、白いのは葉の一部で、穂状になって撓んでいるのが本来の花。
かなり繁殖力が強く、家人は「ふえて困るのよ」と、やや邪険に扱う。
私は涼感あっていいと思うのだが。

  半夏生咲かせ半信半疑かな  (山田みづえ)

ハンゲショウ171

ハンゲショウ172

ハンゲショウ170
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
<<ノリウツギ(糊空木・さびたの花) ~小蝶が舞うように~ | メイン | アジサイ(紫陽花) ~あじさいと時と人と思い~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |