クリ(丹沢・栗の花) ~その形その香り~
- 2017/06/23(Fri) -
栗171

栗の木を花が覆う。
咲いていることが遠くからでもすぐ分かるほどの独特の強い香りがする。
垂れる象牙色の長い花穂は雄花。
猫の尾のようなこの穂はじきに全て地面に落ちて広がる。
この先数日はそれを掃き集め片付けることが続く。
雄花はその付け根に一つだけあって、棘のような花先を上に向ける。
小さいながら、すでに丸みを持っているのが実の形を思わせる。
見ようとして探さないとなかなかみつけられないほど目立たない。

これは“丹沢”という大実の栗。
秋には毎年多くの実をつけてくれる。

   栗咲く香この青空に隙間欲し  (鷲谷七菜子)

栗172

栗雄花173
                                        雄花
栗雄花174
                                        雄花
栗雌花175
                                        雌花
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
<<クジャクサボテン(孔雀仙人掌)  ~嫁いでいった~ | メイン | ハナショウブ(花菖蒲) ~雨の中の姿を見たくなって~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |