ヤエドクダミ(八重十薬) ~人の季節感~
- 2017/06/17(Sat) -
ヤエドクダミ171

人は何かによってそれぞれの季節を感じる。
誰のだったかは忘れたが、「私はドクダミが咲いたときに梅雨の訪れを感じる」と書かれてあった文があった。
なかなかドクダミの花姿に梅雨を重ねる人はそうはいるまい。
たとえば雨傘を差してじっとその白い花を眺めている姿が絵に浮かんだりする。

八重のドクダミも美しい。
雨粒のかかった花も見たいところだが、今年の梅雨はどこで道草食っているのだろう。

  どくだみの香にたつ土の薄暑かな  (西島麦南)

ヤエドクダミ172

ヤエドクダミ173

ヤエドクダミ174

ヤエドクダミ175
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
<<アマチャ(甘茶) ~空を見上げれば今日も晴れ~ | メイン | バイカウツギ(梅花空木 ベル・エトワール) ~“アッホー アッホー”~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |