ツキミソウ(月見草) ~咲く時を見る~
- 2017/06/01(Thu) -
月見草171

白い四弁の花は月見草。

叔父が実生の苗一株と種を小袋に入れて持ってきてくださったのは3年前。
それから育った一つが花を咲かせるようになった。

夕方から咲き始めたり、朝の暗いうちに咲いたりする。
そして周りが明るくなる頃に花は傘をつぼめるように閉じ、色を薄紅に染めて萎んでしまう。
儚い花だ。

一つが終わると少し日を置いて次のが咲くので、夏の間に何度か見ることができる。
この時期、夕方には見に行き、その時を確かめる私である。

  月見草ひらかんと身をよぢらせて  (青柳志解樹)

月見草172

月見草173
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
<<シラン(紫蘭) ~六月の白い風と衣替え~ | メイン | バラ(アンネのバラ・Souvenir d'Anne Frank) ~うまく育てられないけれど~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |