コデマリ(小手毬・団子花・小粉団の花) ~風吹けば~
- 2017/05/22(Mon) -
コデマリ171

コデマリの花は白い小花が集まって球状となる。
その名に小手毬・団子花・小粉団などの字が充てられている。
その見立てにどれもがなるほどと思う。

風が吹けば花を乗せてしなる枝は上下にしなやかに揺れる。

五月も半ば過ぎ、なお時鳥の声が耳に届く長閑。

  こでまりのたのしき枝のゆれどほし (轡田 進)

コデマリ172

コデマリ173

コデマリ170
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(2) | ▲ top
<<オーニソガラム(Ornithogalum・オオアマナ) ~ことのはとかがみ~ | メイン | ニシキギ(錦木) ~錦木の枝は室町の昔、恋文代わりだったという~>>
コメント

小手鞠。ひとつひとつ確りとおしべ、めしべを持って咲くのですね。けなげに。哀しきことをうつくしく …。風に揺れるところも見てみたいです。 ホトトギスの鳴き声も聞きたい。
2017/05/22 12:04  | URL | 森のいずみ #-[ 編集] |  ▲ top


こんばんは〜♪

小手毬は、よく見ると驚くような繊細さと、
優美さをも併せ持っていますね。

小さな宇宙がイッパイで楽しそうです〜♪

緑陰に小手毬の白が際立って綺麗ですね。
ホトトギスも鳴いて、長閑な光景が目に浮かびます。

ところで、ホトトギスって?
ホイチョカケタカ?って鳴く鳥でしたっけ?
2017/05/22 20:12  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |