ニシキギ(錦木) ~錦木の枝は室町の昔、恋文代わりだったという~
- 2017/05/22(Mon) -
ニシキギ170

葉に紛れるようにして錦木の花が咲いている。
1㎝にも満たない小さな花だ。
薄黄緑の花びらは4枚。
横を通る誰からも気づかれそうもない花である。
ひっそりと、目立たずに。

錦木の枝は室町の昔、恋文代わりだったと以前読んだことがある。
人によっては想いを深くする木でもあったようである。

   錦木のいつしかに散る花ならん (川瀬カヨ子)

ニシキギ171

ニシキギ172

ニシキギ173
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
<<コデマリ(小手毬・団子花・小粉団の花) ~風吹けば~ | メイン | エクスバリーアザレア(西洋ツツジ) ~和と洋のコラボ~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |