リンゴ(フジ) ~それを初恋色と歌う~
- 2017/05/10(Wed) -
富士りんご171

フジの花。
花びらにはほんのり薄紅色。
それは少し恥じらう乙女の頬?
藤村の歌が頭の中に流れる。

林檎の花は清らか。
花言葉に「選ばれた恋」とも。

  夢の色のうす紅や花りんご  (及川 貞)
 
富士りんご172

富士りんご173
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
<<キエビネ(黄蝦根) ~紙細工の人形~ | メイン | リンゴ(アルプス乙女) ~どこかとおくへ~>>
コメント

リンゴの花、赤毛のアンが馬車で通りながら歓喜した花。読むたびに想像しました。散るときもきれいでしょうね。でも、これからは「実り」ですか。いい花をありがとうございます。

五月の朝の東雲、卯の花、ホトトギス、蛍、くいな、五月雨、早苗…… 五月の爽やかさに、歌詞に出てくることばを並べたりした昨日今日でした。与謝野晶子の言葉も沢山の情感を呼び起こします。
2017/05/10 11:55  | URL | 森のいずみ #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |