ヤマブキ(八重山吹) ~「実のひとつだになきぞ…」~
- 2017/05/04(Thu) -
八重山吹171

山吹3種の最後に開花は八重。

花びらを幾重にも重ねる花。
色を薄紅に変えれば八重桜のよう。
その連なる花で撓む枝。

八重山吹には実がならない。
それは奧床しい女性の姿。

  なぞかけの古歌を詠みつつ見る山吹   (あや)

八重山吹172

八重山吹174

八重山吹175
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
<<ムスカリ(Muscari) ~夏立つという~ | メイン | イベリス(宿根イベリス) ~私にもある「初恋の思い出」~>>
コメント

こんばんは〜♪

咄嗟の機転で、此の様な歌を返す事が出来るなんて
なんと素晴らしい!
同じ女性として羨望の眼で見てしまいます。

知性と奥ゆかしさと兼ね備えた女性は、
果たして何者だったのか?
考えればとてもミステリアスですね。
2017/05/04 21:08  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |