ニワザクラ(庭桜) ~幟に誘われて~
- 2017/05/02(Tue) -
ニワザクラ171

数日前から「つつじ祭り」の幟が道沿いに立っている。
場所は家から歩いて35分ほどの城址公園。
散歩がてらに出かけてみた。

躑躅はよくて三分咲き、多くは蕾。
出会った人は数人。
おやおやである。

戦国期に武田方が治めていたいたこの城は、天正10年、織田軍勢の侵攻により落城したこと。
その折、姫様が井戸に身を投げたこと。
そんなこんなの案内を読んで帰る。

家人にその様子を話すと、「ネットで開花状況を調べてから行けばよかったのに」と言われた。
今は何でもすぐに情報が得られる、たしかに。
10日後くらいを目途に、もう一度出かけることにする。

家で満開の見頃を迎えているのは庭桜。
白い八重の花がぎゅうぎゅうに咲く。

  信濃道連なるバイクの五月かな  (あや)  

ニワザクラ172

ニワザクラ170

この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
<<アメリカスミレ(ビオラ・ソロリアフレックルス) ~花びらにスパッタリング~ | メイン | スノーフレーク(Snowflake・鈴蘭水仙) ~純粋、汚れなき心~>>
コメント

沢山の花ばなを見せて貰ったら、最初に絵具の色有りきではなくて、自然の花木空の色を倣って色ができた、ということがよくわかります。当たり前のことでしょうけど。自然の造化の妙 を感じ入ります。

三部咲きのつつじを見られて良かったと思います。家のつつじはすっかりすっかり散りました。
2017/05/02 20:45  | URL | 森のいずみ #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |