ヒトリシズカ(一人静) ~まゆはき草ともいふ~
- 2017/04/24(Mon) -
一人静175

立ち上がる茎の先に何本もの白い糸が吹き出るようにその花は咲く。
赤みを帯びた若葉に優しく包まれて。
古名にまゆはき草の名もあるという一人静。

義経と静御前の遠い物語に思いを馳せて。
わたしもひとりしずかに。

   逢ひがたく逢ひ得し一人静かな   (後藤夜半)

一人静171

一人静173

一人静174
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
<<キズイセン(黄水仙・糸葉水仙・匂い水仙・香り水仙) ~鼻を近づけて~ | メイン | レンギョウ(連翹・golden‐bell) ~畑にも少しずつ~>>
コメント

こんにちは〜♪

初めて見るお花ですが、
名前が楽しいですし、ニョキニョキした突起も
面白いですね。

マユハキソウ?
昔の女人が眉を描いた後の
余分なマユズミを掃いて落としたからかしら? 笑)

色々と想いを巡らすのも楽しいものです。

でも、本当はどうなんでしょうね〜〜♪
2017/04/24 15:35  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |