スイセン(八重咲き水仙) ~まちがえないように~
- 2017/04/21(Fri) -
八重咲きスイセン171

山菜の季節である。
私も初々しい野のものを摘んでは籠に入れる。

ところで、テレビの地元局では類似する有毒植物への注意を呼びかける。
新芽の姿形は区別が付きにくく、この時期誤って採集することが多いという。
昨年、県内のある小学校ではスイセンの葉をニラと思って調理に使い、子どもたちが中毒症状を起こした。
その両方を育てている者からすれば、「エッ」と思うが、慣れない人からすれば似ているように見えるのだろう。
夕べもウルイを食したが、これにもバイケイソウの誤食があるという。

いろいろなことに過信は禁物。
知っている、分かっている、大丈夫に気をつける。

スイセンも何種類かが咲く。
八重のスイセンはだんだんに頭が重くなり、茎が持ちこたえられなくなって撓んでいる。
そして最後はいつも頭を地面に付けてしまう。

   清浄な葉のいきほいや水仙花 (岩田涼莵)  

八重咲きスイセン172
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
<<ユキヤナギ(桃花雪柳) ~たくさんのしっぽ~ | メイン | シデコブシ(幣辛夷・姫辛夷) ~それぞれの形~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |