コブシ(辛夷) ~ひらひらと~
- 2017/04/16(Sun) -
辛夷171

1㎝ほどの厚めの双葉がかたまってたくさん出ていた。
去年のこぼれ種からの向日葵の芽だった。
間隔を取り、一列に揃えて植え替えることにした。
小さな芽が「そうして」と促しているように思えた。
整然と並んだ30個ほどの顔は嬉しそうに見えた。
腰を少し痛めていたが、やってよかった。

樹の上では辛夷の白い花が咲いている。
渡る春風にひらりひらひらと。

    辛夷満開こぞりて天に祈るかな   (成瀬桜桃子)

辛夷172

辛夷173

辛夷174
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(2) | ▲ top
<<タラノメ(楤の芽) ~「食べられそう」~ | メイン | ツバキ(椿) ~頭の片隅に~>>
コメント

山の中にあるこぶしの木に、花の咲く時期に毎年会いに行くと言うエッセイがあって、こぶしの精が佇んでいるような不思議な世界でしたが、今日はお目見えでうれしいです。清楚な花ですね。

家でもあちこちにひまわりを植えました。
2017/04/16 05:29  | URL | 森のいずみ #-[ 編集] |  ▲ top


こんばんは〜♪

娘の頃、母が空色の地に、白い花が一面に咲いている着物を
縫ってくれたのでした。

あの着物は もう久しく袖を通していないけれど、
画像を拝見していたら、懐かしさがこみ上げて来ました。

辛夷は、華やかで、儚い春に似合う花ですね。
2017/04/16 20:56  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |