ヤブカンゾウ(藪萱草)  ~野の恵み~
- 2017/04/02(Sun) -
ヤブカンゾウ171

野からの瑞々しい恵みも届くようになる。
家の周りにはさまざまな草木の新芽も続々と。

笊に採ったのはヤブカンゾウ。
根元を少し掘り下げて白い部分を出し、土の中に刃を入れる。

おひたしにする。
香りや独特の食感があるとかではないが、癖がなく野の感そのもので好みである。
口の中でジャリッとする。
洗いが不十分だったようで葉の間に砂が残っていたらしい。

小さくて若い葉のうちのしばらくは、摘んで口に楽しむことができる。
白い部分を生で味噌かマヨネーズも美味しい。

花はもちろんだが、春はこうして旬の味覚がうれしい季節でもある。

  春菜摘む籠のふちゆく天道虫  (国光勢津子)

ヤブカンゾウ172

ヤブカンゾウ173

ヤブカンゾウ174
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(1) | ▲ top
<<カツラ(桂) ~伐る~ | メイン | シロハラ(白腹) ~四月一日という日~>>
コメント

こんばんは。

一目見て この山菜はウルイかな?と思いましたよ。

結構見かける感じがしますが
まさか食用だとは 知りませんでした。

今まで 春の恵みに気付かずに 生きて来て
随分と損した感じがします …。

私は 未だ未だ 色々と教わる事が有るなぁと思いました。
2017/04/02 19:55  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |