ジョウビタキ(尉鶲)  ~何年もの付き合い~
- 2017/03/26(Sun) -
尉鶲03

窓の外に小さな影が動いた。

尉鶲だった。
とまったのは赤い新芽が見られる牡丹の茎だった。

人なつっこくて、相変わらずの愛らしさだ。

ツッツッツッの声を聞いたのは去年の10月下旬。
ここらもだいぶ暖かくなってきた頃、そろそろ故郷の大陸へ戻る時期だろう。
毎年、3月の末までにはその姿が見えなくなるのだ。
この鳥は私に季節を教えてくれる。

畑に肥料を施した。

  翔てば野の光となりて春の鳥  (長瀬きよ子)

尉鶲05

尉鶲04
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
<<アセビ(馬酔木)  ~金魚の口のように~ | メイン | ユキワリソウ(雪割草)  ~ここにも小さな春が~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |