シブガキ(渋柿) ~伐る~
- 2017/03/16(Thu) -
渋柿伐採601

混合油を買いにホームセンターへ出かけた。
チェンソーの燃料だ。

ついでに園芸売り場も見る。
ジャガイモの種芋が売られていた。
畝の準備はまだしていない。
畑作業も煽られる。
月末までにはなんとかして植えられるようにしよう。
パンジーをはじめとした色とりどりの花も並ぶ
それらの花々に誘惑されそうだった。
財布の紐を締める。

4L缶を購入した。

伐ったのは結構の高さになっていた渋柿だ。
三脚などを駆使しても手が届かず、収穫するに困っていた。
2時間ほど掛かった。
離れたところにあるもう一本の渋柿は残す。
少しでも自家用の干し柿作りは続けよう。

思えばこの1年でだいぶ木を伐った。
生活をコンパクトなものにしていこうと思った。
まだまだだ。
もっともっと。

   春といふ大いなる掌の上  (内藤悦子)

渋柿伐採600
この記事のURL | 日常・おはなし・他 | CM(0) | ▲ top
<<ユキワリソウ(雪割草)  ~♪はるかな空の果てまでも 君は飛び立つ♪~ | メイン | ユキワリソウ(雪割草)  ~それぞれにあるモノやコトからの卒業~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |