キジバト(雉鳩)  ~春の煙~
- 2017/03/05(Sun) -
雉鳩940

町内一斉の土手焼きの日だった。
朝、至る所から煙が上がっているのが目に入る。
私もそれに合わせて、庭から出た草木を焼いた。
風知草を焚きつけにし、木蓮の落葉や冬に切り落としてあった栗、花梨などの枝を。

役場は広報で、水を用意することと決してその場を離れないようにと伝える。
そして風が強くなった際には消火し、土手焼きを中止するようにと。

レーキを使って燃材を時々まとめるようにかき寄せた。
風はなかったが、ラジオを聞きながらずっとそこにいた。
1時間半ほどで燃え尽きた。
細かできれいな灰が出来ていた。

19日には「道作り」だという。
こうして周りからもだんだんに春仕事を促される。

毎日のように雉鳩が庭に遊びに来てくれる。
そのユーモラスな歩き方や姿態に癒やされる。
それにしてもまあ、よく霜土の上を裸足で。

   啓蟄の鳥語すずろに美しく  (後藤夜半)

雉鳩941

雉鳩942

雉鳩943
この記事のURL | 日常・おはなし・他 | CM(1) | ▲ top
<<クリスマスローズ(Christmasrose)  ~鍬始め~ | メイン | タイヤ交換(冬用から夏用へ)  ~車も衣替え~>>
コメント

こんばんは。

タイヤ交換も無事終了しましたね。

春を告げる土手焼きはが始まると
ソロソロ 野良仕事も忙しくなるのでしょう。

彼方此方から一斉に煙が上がる光景は
日本ならではの壮観な風物詩です。


雉鳩は我が家の庭にも 毎朝やって来ますが
歩き方が可愛いので 私も 癒されています ♫
2017/03/05 20:11  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |