シジュウカラ(四十雀) ~「ア~アツッピー、オイシカッタツッピー」~
- 2017/02/24(Fri) -
四十雀1721

カリンの木に雄の四十雀がやって来ました。

彼が見つけたのは枝に残る一枚の少し膨らんだ枯葉です。
それはどうやら虫の冬籠もりの拵えのようです。
それに両脚を添えて下から嘴を突っ込みます。
その先で虫を捉え、首を捻りながら引っぱり出します。
そして飲み込みました。
満足したのでしょうか。
彼は一鳴き二鳴きして立ち去りました。

二月下旬、穏やか日和の庭のひとこまです。

  春めきてものの果てなる空の色   (飯田蛇笏)

四十雀1722

四十雀1724

四十雀1723

四十雀1725
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
<<マンサク(満作・金縷梅) ~先がけて~ | メイン | ヒマワリ (枯れ向日葵) ~観る~>>
コメント

マサカ!寝込みを襲われるなんて!
昇天した虫は 鳥のお腹の中で思ったでしょうね。

でも この四十雀の満足そうな顔と言ったら〜笑)

自然の摂理は とても深いと感じました。
2017/02/24 16:05  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |