メジロ (目白) ~やってきたのはきれいな目をした~
- 2017/02/20(Mon) -
メジロ728

ピチュピチュピチュ…。
外に賑やかな声がする。
目を遣ると臘梅にメジロたち。
その黄色い花がお目当てらしい。
嘴を挿しては吸っている。

だいぶ暖かくなった。
鳥たちも春を感じているのだろう。

それにしてもメジロはいつ見てもかわいい。

  見えかくれ居て花こぼす目白かな (富安風生)

メジロ729

メジロ730

メジロ731

メジロ732
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
<<二月の山 (雪山) ~だんだんと、だんだんに~ | メイン | 子どもの木彫(着色) ~空の色~>>
コメント
メジロ
コメント返信ありがとうございました。
メジロはチョコチョコとした動きが可愛いですね。 昨年庭の椿の木を切ってしまったので、今年はメジロが来なくなり春らしさが感じられず寂しく思っています。
東京国立博物館の国宝絵画の特別展示を目当てに、時々上野に行きます。そのあ芸大の前を通り(いつもここを通る時はちょっと緊張します)谷中方面に抜け下町風情の路地やお寺などをぶらぶらと歩くのが好きです。
2017/02/20 08:38  | URL | Hudson Terrace #ZeBYuJyY[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |