子どもの木彫(着色) ~空の色~
- 2017/02/19(Sun) -
男子木彫23

ティーポットを落とした。
壊れた。
私専用のものだったので少し残念。
形あるものは必ず壊れるものだが…。
ただこのところこうしたことがよくある。
先日も小皿を割ったばかりだ。
手から落としたり、うまく持ち上げられなかったり。
滑りやすくなっている指先を見れば、指紋の溝が浅くなり、その渦の形も不明瞭になっている。
このごろ、手の機能や感覚の衰えをも実感する。

10日ほど前に彫った子どもの木彫に着色をした。
最後まで迷った靴の色は空色にした。
「すずさん」の見上げる空が思い浮かんだ。

   雨水より啓蟄までのあたたかさ   (後藤夜半)

男子木彫20

男子木彫21

男子木彫22

男子木彫24
この記事のURL | 彫刻を作る | CM(2) | ▲ top
<<メジロ (目白) ~やってきたのはきれいな目をした~ | メイン | スノードロップ(snowdrop) ~♪悲しくて悲しくてとてもやりきれない…♪~>>
コメント
こんにちは
こうして彫りあげたものに、色を加える過程も楽しいですね。
手の中におさまるくらいの小さな作品は尚更な感じがします。
先日彫りあげた時のブログを拝見した時、谷内六郎、原田泰司さんの絵が頭に浮かびました。
2017/02/19 07:56  | URL | Hudson Terrace #ZeBYuJyY[ 編集] |  ▲ top

子供の柔らかさも感じます。
こんにちは。

小さい作品ながら とても存在感が有りますね。

この子が 今にも語りかけてくる様ですね。

子供の身体の柔らかな感じも出ていて
思わず抱きしめたくなりました。
2017/02/20 16:33  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |