ナノハナ(菜の花) ~大都会の中に佇む昔~
- 2017/02/14(Tue) -
浜離宮1

麹町にある小さな美術館。
その開館は11時。

それまでの時間を過ごす。
選んだのは浜離宮。

この時期のそれもこの早い時間だからなのだろう。
人の姿はほとんど見られない。
わずかに家族連れや外国人がちらちらりと。

菜の花が満開。
白梅も匂う。
三百年の松の威風堂々。

馬場、鴨場、船遊び。
脳裡に映る将軍、奥方、公家のいる光景。

のんびりと気ままに橋を渡り、茶屋に寄り、小山に登り。

見上げれば空に伸びる高層ビル群。
足元には江戸の高貴な文化。

時刻は10時過ぎ。

「新橋駅まで歩いて15分ほどです」。
どっぷり浸かった昔の時間から都会のあふれる喧噪へ。

  菜の花といふ平凡を愛しけり  (富安風生)

浜離宮2

浜離宮5

浜離宮6

浜離宮3

浜離宮4
この記事のURL | 日常・おはなし・他 | CM(2) | ▲ top
<<都会の静かな早い朝 ~日常と違う窓から眺める風景~ | メイン | クロアゲハ(黒揚羽) ~冬の蝶に早すぎた春~>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/02/14 09:15  | | #[ 編集] |  ▲ top


こんにちは。

何処かで見た景色だなぁ!と思いましたら
ヤッパリ浜離宮でしたね。

大都会のど真ん中では 早くも菜の花が満開…。

春は もう目の前ですね!
少し心がウキウキして来ました ♫
2017/02/14 17:13  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |