クロアゲハ(黒揚羽) ~冬の蝶に早すぎた春~
- 2017/02/13(Mon) -
黒揚羽111

尽きました。

体を仰向けにして。
だんだんと動かなくなり。
さいごは少し翅を震わせて。
標本のように広げて整え。

シクラメンの中に入ったり。
コチョウランの上で休んだり。
エアコンの横や蛍光灯の周りを飛んだり。
でも一番好きな場所はレースのカーテンでした。
外へ出たかったのかもしれません。

7日に羽化し、11日ですから、たった4日でした。
用意した砂糖水には口を付けませんでした。

赤い板の上に乗せました。
綺麗なままです。

私のエゴでした。

  凍蝶のいのちの翳(かげ)の漂へる (鈴木榮子)

黒揚羽113

黒揚羽112

黒揚羽115

黒揚羽114
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(2) | ▲ top
<<ナノハナ(菜の花) ~大都会の中に佇む昔~ | メイン | シモバシラ(霜柱) ~今そこにある言い換えることのできない事実~>>
コメント

クロアゲハの一番好きな場所がレースのカーテンだったとか、
なんか切ないですね。

シクラメンや胡蝶蘭も咲いているのに、好みの蜜ではなかったんでしょうね。

でもこのクロアゲハ、違った形で永遠に蘇らせてもらえるのでは
と思っていますが?
2017/02/13 08:49  | URL | しーちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

朱色と共に
お久しぶりです。
黒揚羽 こんなに美しい生命の躍動の朱色と共に、
美しい黒がより生えて美しく蘇っています。
2017/02/14 03:00  | URL | mirro #HfMzn2gY[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |