デンドロビウム・スペシオ-キンギアナム(Dendrobium Specio-kingianum) ~部屋に広がる香り~
- 2017/01/27(Fri) -
キンギアナム172

小さなたくさんの白い花が咲く。
蕾は三日月のよう。
舌花の中で赤紫の斑点が彩りを添える。

部屋中に鼻をつくほどのかなり強い香りを広げてくれている。
それはデンドロビウム・スペシオキンギアナム。

おぼろげな記憶だが、購入してから10年近く経つと思う。
その間一度も鉢を変えていず、根元を見ればギュウギュウで申し訳ない。
考えてみれば肥料らしい肥料も施してない。
なのに時が来ればこのように咲いてくれる。

花期は結構長かった気がしている。
お雛祭り辺りまで持ってくれるとうれしい。

  蘭の香や詩を読みて又た夜を寐ず   (荻原井泉水)

キンギアナム171

キンギアナム174

キンギアナム173

この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
<<切手(半世紀前の古い切手) ~使える驚き~ | メイン | レオパ(ヒョウモントカゲモドキ・豹紋蜥蜴擬) ~新聞の上で遊ぶ~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |