えんぴつ(鉛筆) ~漫画の中で~
- 2017/01/23(Mon) -
この世界の片隅に2

「読む?」
そう言って漫画を渡された。
上中下の三冊セットになっている。
数年前に手に入れたらしい。
家人はこの漫画家のふわっとした描き方が好きで、他にも何冊か持っているようだ。

私の場合、漫画ははるか遠い昔、学生の頃に終わっている。
たとえば「ガロ」、つげ義春の「無能の人」。
あるいは上村一夫の「同棲時代」や白土三平の「カムイ伝」、手塚治虫の「火の鳥」などか。

ジブリのアニメ映画は時折見ることはあるが。

せっかくの勧めなので読んだ。
珍しくその世界に入った。
久しぶりに先に挙げた彼らと同じ空気を持つ表現者を見た思いを持った。

………………
………………

描かれる場面のところどころに時代の共有性を感じ、懐かしさを覚えた。
特に鉛筆を削るシーンなどはリアルタイムとしての子どもの頃が蘇ってきたりもした。
そしてそれをちびるまで大切に使ったことなども。
六角形の端の面に自分の名前を書いたり、時にはすべての面にサイコロの目や数字を入れて、ゲームの道具にしたり。

………………
………………

心に温かいものが染みこんだ。
いつの間にか漫画としてでなく児童文学作品のような感覚で読み耽っていた。
別のも読んでみたくなった。
貸して貰おう。


今使う私の鉛筆も削られて削られてだいぶ短くなった。
その命を縮めて尽くすのに伴った成長が私にあるのならいいのだが。

   一月や日のよくあたる家ばかり  (久保田万太郎)

この世界の片隅に3

この世界の片隅に4

この世界の片隅に5

この世界の片隅に1
この記事のURL | 日常・おはなし・他 | CM(1) | ▲ top
<<アセビ(馬酔木)  ~ただじっと待つ~ | メイン | ミツマタ(冬の三椏) ~一日ごとに耐えて~>>
コメント
こんにちは^^
おーーーっ! 懐かしい!!
私も学生の頃で漫画は全く見なくなりました^^:

当時「ガロ」、つげ義春、上村一夫、
白土三平、手塚治虫の作品は大好きで
よく読んでいました^^V

で。。。以前から気になっていた
「この世界の片隅で」。。。
今回、hiougiさんの記事を見て
購入しました\(^ー^)/

こがたな(小刀)も懐かしい~
小学生のころはこれがなければ
いろいろな遊びが出来ませんでした^^
2017/01/23 10:28  | URL | 薄雪草 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |