ルバーブ(rhubarbe・食用大黄) ~枯れた葉の横には~
- 2017/01/18(Wed) -
冬のルバーブ3

義姉の家を訪ねた。
遅くなったが、東京のお土産を持って行った。

「あがって」
炬燵の周りには本が幾冊も重なっていた。
歌作りをしていたようだ。

「ちょっとまってね」
そう言って、台所から持ってきたのは甘酒だった。
素朴な甘味があり美味しかった。
あれやこれやと話す。
1時間ほどが過ぎた。

「少ないけどこれ持って行って」
小瓶に入れた甘酒だった。

青空と雲が半々だったが寒かった。

ルバーブが大きな葉を茶色くして紙のように薄っぺらになっている。
横にはその新しい赤い葉と丸まった新芽がある。

   しんしんと寒さがたのし歩みゆく  (星野立子)

冬のルバーブ2

冬のルバーブ1

春のルバーブの花151 2015年4月28日
この記事のURL | 日常・おはなし・他 | CM(0) | ▲ top
<<スイセン(水仙の芽) ~出てきた小さな姿~ | メイン | キスジアマリリス(黄筋アマリリス) ~また咲いて~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |