シュウメイギク(秋明菊) ~冬の旅~
- 2017/01/09(Mon) -
冬の秋明菊10

私の周りにのんびりの風が吹く。

小さな丸い玉が伸びたひょろりの上で揺れる。
中から白い綿が飛び出す。
秋には赤紫の花だった。
そのあと姿。
もとを思い起こせないほどの変わりよう。
そんな冬の秋明菊。

たまには都会の空気でも吸おう。

  目つむりて己れあたたむ冬の旅  (岡本眸)

冬の秋明菊12

冬の秋明菊11

八重秋明菊(秋)
                                                                          9月30日
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(2) | ▲ top
<<クラーナハ展 ~「ホロフェルネスの首を持つユディト」~ | メイン | ビワ(枇杷の花) ~裏口を開ければ~>>
コメント

秋明菊の冬姿は本当に、秋の姿と結びつきませんね。

昨冬私も記事にしました。この種、発芽することはあるのでしょうか?
2017/01/09 08:22  | URL | しーちゃん #-[ 編集] |  ▲ top


これが あの 美しいシュウメイギク?
驚きました!
まるで出家した尼僧のよう…。

でも これはこれで可愛いですね。
2017/01/09 11:38  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |