フウチソウ(風知草・裏葉草) ~移ろう季節の風を知る~
- 2016/11/29(Tue) -
風知草2160

風知草が麦色に染まる。
裏表になった細い葉は小さな芒をたくさん付けている。
このように足元に見る色づく草も美しい。
昔のひとの感性はこうした趣を草もみじとの言葉にして愛でたのだろう。

三季の様々な風がそのやわらかな葉の上を通り過ぎた。
そして、もうすぐの冬風とともにその姿を消し、根で静かに春を待つ。

裏葉草(うらはぐさ)との別の名もまた味わい深い。

   草々の力尽せし紅葉かな  (藤本安騎生)

風知草2161

風知草2162

風知草2163
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
<<ハクサイ(白菜) ~朝の会話~ | メイン | キク(赤い菊) ~今あるところで~>>
コメント

風知草は 名前も風情が有りますね。

陽が当たって 風になびく 金茶色の風知草の群落を
想像するとワクワクします。

冬が来る前の 素晴らしい自然のアートには目を見張り
目にシッカリと焼き付けておきたいと思います ♪
2016/11/29 16:06  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |