ハナノキ(花の木の紅葉) ~残る葉もまた落ちる葉~
- 2016/11/18(Fri) -
ハナノキ160

今年の花の木の紅葉は赤味が弱い感がある。
葉は一色に美しく染まるというのではなく、斑だったり虫喰いだったりする。
それはそれでまた寂びた情趣があっていい。

ここ数日の間にだいぶ落ちた。
色を粧ったまま地にある葉も綺麗で、掃くのがもったいない。

中から数枚を選び手にとって本に挟む。
こうして今年の秋の時間を色と形にしてとどめておく。
一人遊び。

   手に拾ふまでの紅葉の美しき  (和田順子)

ハナノキ161

ハナノキ162

ハナノキ165

ハナノキ163

ハナノキ164

ハナノキ166
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
<<ハナビシソウ(花菱草・カリフォルニアポピー) ~暮れの秋にひっそりと~ | メイン | カリン(花梨の実) ~一つ二つと落ちてきました~>>
コメント

モグモグと 葉っぱを集中して食べている
虫の姿が浮かんで来ますね。
虫食いの跡って 葉っぱの勲章かなぁと思いました。

去り際は美しく装って去って行くのですね。
散り際の美しさを感じます。

今日も自然から色々と学ばせて頂き感謝です。
2016/11/18 13:34  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |