ビワ(枇杷の花) ~秋も終わりに近くなると~
- 2016/11/12(Sat) -
枇杷の花161

喪中の葉書が二通届く。
奥様を亡くされた長いおつきあいの大先輩。
50歳の彼はご病気だったお父上を。
暮れ向かう人はそれぞれに。

秋も終わりに近づく頃に咲く枇杷の花。
集まり咲く花は白い五弁。
褐色の毛に覆われる蕾。
香を放つ蕊に蜂。

自問することが多くなってきたこの頃。
いろいろの物も処分したく。

  蜂のみの知る香放てり枇杷の花  (右城暮石)

枇杷の花163

枇杷の花162
この記事のURL | 日常・おはなし・他 | CM(0) | ▲ top
<<サクラモミジ(鬱金桜の紅葉) ~寂寥も深まり~ | メイン | ツルバラ(蔓薔薇) ~松茸の味噌漬け~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |