キク(ドーム菊) ~冬に向けてハタラク~
- 2016/11/06(Sun) -
赤菊163

家に居るのがもったいないほどの好天が続く。

訪ねてきた義兄夫婦は県外の山あいにある温泉宿に二泊で出掛けるという。
そこは紅葉が綺麗なところでジビエ料理が出るらしい。
時には東北まで車を運転し、二ヶ月に一度はそうした旅行を楽しんでいる。
二人とも饒舌で弁が立つ。
どちらかと言えば反対の私達はもっぱら相づちを打ち、頷きながらの聞き役。
帰り際、車に乗り組む段になってからもまた10分ほど話しかける。
義兄は妹に、江戸っ子の義姉は私に。
性格のまるで違う二組である。

深秋の行楽日和、でも私は畑で冬支度をしている。

青い空の下にはたくさんの赤い菊。

   寄り添えば菊華やげり去れば澄み  (星野立子)

赤菊162

赤菊161
この記事のURL | 日常・おはなし・他 | CM(1) | ▲ top
<<キクイモ(菊芋のレリーフ) ~暦では冬立つと~ | メイン | バラ(薔薇・秋のピンクノックアウト) ~初霜だった~>>
コメント

もし仮にhiougiさんが行楽にお出かけしても
畑が気になって仕方が無いのでは無いかと思います。
雪が降ってから 湯治とかは如何でしょうか ♪

アルプスの山々を眺めながら 畑を耕し 花を愛で
自然に寄り添いながら生きるのも
今日では贅沢な気がします。
2016/11/06 16:51  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |