ツワブキ(石蕗) ~秋のさびしさを灯し~
- 2016/11/02(Wed) -
ツワブキ161

塩見に初冠雪がありました。
あのドーム型の山容がうっすらと白くなっています。
いよいよ、そんな時期です。

自然はあるがままに光や風の中でゆったり姿形を粧っていきます。
せせこましくなく、あくせくすることなく。

石蕗も咲きます。
淋しくなりつつある庭をそっと灯すように。

  静かなる月日の庭や石蕗の花  (高浜虚子)

ツワブキ162

ツワブキ163

ツワブキ164

ツワブキ165
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(2) | ▲ top
<<マユミ(真弓・檀) ~実を付ける木々~ | メイン | シジュウカラ(四十雀) ~晩秋の枯れひまわりとその種を食む小鳥のいる情景~>>
コメント

もう雪の便りが舞い込んで来る季節なのですね。

つい先日迄半袖で ノンビリ構えていましたが
慌てて冬物を出しています。

ツワブキが晩秋の枯れた庭の
ビタミンカラーになっていますね。

インフルエンザの予防接種も終了して
冬を迎える準備が出来ましたよ〜笑)
2016/11/02 11:57  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top


ツワブキの花大好きです。絵になるよね!楽しませていただきました。ありがとうございます。
2016/11/03 15:36  | URL | 道端のペンペン草 #0qwr4hg6[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |