シジュウカラ(四十雀) ~晩秋の枯れひまわりとその種を食む小鳥のいる情景~
- 2016/11/01(Tue) -
ひまわりとシジュウカラ2

抜かずの向日葵が4本。
来年用の採種のため。
その枯れ姿の趣もよく絵になる。
好き。

そこへ四十雀。
ツッピー、ツッピー、ツッピー。
賑やかな声を響かせ。
花の重みで横向きに曲がった花茎。
位置といい角度といい、留まるにほどよい。

辺りを見渡し。
そして体を前屈し伸ばし。
さらに首をグーッと突き出す。
種を一つ。

飲み込めないのか。
茎の上に置いて両脚で押さえつつ何度も啄む。

食んだのは一つだけ。
それはそれで満足したよう。
体を反転させ、飛んでいった。

種採はしばらくおいて、彼らに供する。
また喜ぶ顔が見たい。
愛らしい仕草が見たい。

  山晴るる日は呼び合ひて四十雀  (中島畦雨)

シジュウカラ16212

シジュウカラ16222

シジュウカラ16232

シジュウカラ16242

シジュウカラ16252

シジュウカラ16262

シジュウカラ16272

ヒマワリとシジュウカラ22
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
<<ツワブキ(石蕗) ~秋のさびしさを灯し~ | メイン | テンニンギク(天人菊・Gaillardia) ~来年のことを~>>
コメント

今日の句、いいですね^^ 山の甘く澄んだ秋の空気が伝わってきそうで。そして、お写真が何ともチャーミング^^
2016/11/01 09:58  | URL | mimiha #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |