ミゾソバ(溝蕎麦) ~長閑な秋の時、小さなものたちと~
- 2016/10/16(Sun) -
ミゾソバ161

小さな溝蕎麦の花が家の水辺でたくさん咲いています。
つやつやとした蕾と花はそれぞれに薄紅色を先だけに施します。
可憐です。

蜜蜂が留まります。
花を次々に移ります。
楽しいのでしょう。
他にも瑠璃小灰蝶など、いろいろな昆虫が遊びに来ます。
ずっとそこに腰を下ろして、眺めていたい気分です。

秋の長閑なひだまりです。

「純情」…、溝蕎麦の花言葉です。

   みぞそばの信濃の水の香なりけり (草間時彦)

ミゾソバ160

ミゾソバ0162

ミゾソバ228

253.jpg

ミゾソバ165
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
<<フユウガキ(富有柿) ~秋の日には~ | メイン | コムラサキシキブ(小紫式部) ~サルが…~>>
コメント

こんなにたくさんのお花が咲いていると
蜜蜂も有頂天になってしまいそう〜笑

忙しなく蜜を集めて働く蜂を のんびりと眺めている
平和な光景ですね。
良い秋日和を過ごされた様ですね ♪
2016/10/16 15:10  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |