セキヤノアキチョウジ(白花関屋の秋丁字) ~うつむきしまま風に揺れて~
- 2016/10/13(Thu) -
セキヤノアキチョウジ161

小さい秋。

白い花は関屋の秋丁字。
細い茎にたくさんがぶらぶらと。
どれもが少しうつむいて。
目を凝らせば一つひとつはこぎつねのようにも。
一人眺めて、「うふふふっ」。
その姿に頬が緩む。

景色に紛れて咲くこの素朴な花に添える花言葉には「秘めやかな思い」。

  日のにほひいただく秋の寒さかな  (広瀬惟然)

セキヤノアキチョウジ162

セキヤノアキチョウジ163
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
<<ニンジンのレリ-フ(人参) ~夏畑の片付け~ | メイン | バラ(薔薇・アンネのバラ) ~白秋という時を受けとめて~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |