キンモクセイ(金木犀) ~見える秋の香り~
- 2016/10/01(Sat) -
金木犀161

東京で展覧会を観ての帰宅、車のドアを開けた途端、鼻に甘い香りが飛び込む。
出掛けるときは感じていなかったから、留守の間に一気に開花したのだろう。
車の定位置はその芳香を放つ金木犀の下。
その心地よさを胸いっぱいに吸い込む。
美術館巡りで疲れた脚とホテルで寝付かれなかった体が癒やされる。

朝の陽射しを浴びる金木犀をあらためて眺める。
朱色の小さな花たちが届けてくれる秋の香りが見える。

   胸の奥たしかめにくる木犀花   (伊藤敬子)

金木犀162

金木犀163

金木犀164

金木犀165
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(4) | ▲ top
<<シュウメイギク(秋明菊・貴船菊) ~歳を重ねてもなお集うありがたさ~ | メイン | タカノツメ(鷹の爪) ~その形を見ながら~>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/10/01 08:59  | | #[ 編集] |  ▲ top


金木犀の香りを嗅ぐと
「今年も変わらずに秋が巡って来てくれた!」
と嬉しくなります。

今年は異常な気候でしたが
しみじみと季節の移ろいを噛み締めています。

私 体調も良くなり 又お邪魔させて頂きました。
2016/10/01 21:42  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/10/02 00:44  | | #[ 編集] |  ▲ top

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/10/02 14:29  | | #[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |