シュウメイギク(秋明菊) ~ひとひら秋色時間~
- 2016/09/26(Mon) -
シュウメイギク161

柿の実が色づきはじめた。
柿の葉が落ちはじめた。

やさしい風が通る。
淡紫の秋明菊が揺れる。
細く伸びた花茎のその先。
一輪ずつひらひらりと。
丸い蕾もゆらゆらり。
秋の明るい菊と書く、その名前が好き。

私に流れる秋色の時間。

  憩ふ人秋色すすむ中にあり (橋本鶏二)

シュウメイギク162

シュウメイギク163
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(2) | ▲ top
<<リュウキュウアサガオ(琉球朝顔・クリスタルブルー) ~まだ咲いてくれるか~ | メイン | キクイモ(菊芋) ~芋菊でなく菊芋という名の持つ意味~>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/26 08:55  | | #[ 編集] |  ▲ top


綺麗に咲きましたね。
うちはまだ固い蕾です。
咲いたら載せるつもりですが、こちらさまのお写真を
拝見した後では気後れがします。
2016/09/27 00:03  | URL | 白秋マダム #K.8lH0lM[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |