キクイモ(菊芋) ~芋菊でなく菊芋という名の持つ意味~
- 2016/09/25(Sun) -
キクイモ161

たくさんの黄色い花を咲かせるのはキクイモ。
この時期になると家の周りに背を伸ばす。

最初は畑の片隅に小さな一株を植えたのが始まりだった。
イヌリンを多く含んでいるという、その栄養価の高い塊茎が紹介されていたからだった。
10数年前のことになる。

ショウガとジャガイモを合わせような不定型の芋は洗うのに手間取る。
土臭さが残る独特の食感。
しばらくは物珍しさもあり、収穫を楽しんだ。

しかし数年もすればその旺盛な繁殖力に困惑することとなる。
お構いなしにあっという間にエリアをどんどん広げる。

そしてそれから先は、出てくると抜き、出てくると抜いては土手に捨てた。
根絶したいと思うがなかなか難しく、野生化している。
今では芋を掘ることもなく、秋の花として眺める。

  それもよからう草が咲いてゐる   (種田山頭火)

キクイモ162

キクイモ163

キクイモ164
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(3) | ▲ top
<<シュウメイギク(秋明菊) ~ひとひら秋色時間~ | メイン | クジャクアスター(八重孔雀アスター) ~着るものに迷う~>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/25 09:40  | | #[ 編集] |  ▲ top

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/25 15:05  | | #[ 編集] |  ▲ top

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/25 21:25  | | #[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |