トウガラシ(唐辛子) ~夏も終わりと~
- 2016/08/30(Tue) -
トウガラシ160

二週間ほど前、ひょんなことから、採って来たばかりの一本の唐辛子を囓った。

「ウッ」。
「ペッペッ」。
「フオウーッ」。

顔がゆがむ。
その時の口の状況を何と形容したらよいか。
表す適当な言葉が見つからないほど大変だった。
しばらく喋ることができなかった。
口を開いたままハアハアと空気を出し入れする。
落ち着くまでに時間が掛かった。

隣には冷ややかな目で見る顔。

何で囓ったかは…。

一つの夏の思い出。

畑には色鮮やかな唐辛子がまだたくさん。

  天よりも地のよく晴れて唐辛子  (綾部仁喜)

トウガラシ161

トウガラシ162
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(1) | ▲ top
<<バラ(薔薇) ~二百十日~ | メイン | シラヤマギク(白山菊) ~入れ替わる背景~>>
コメント

なんと無く理解出来ます。
私もやりかねないかもです〜笑)

口から火を噴く感じでしょうか?
ヤッパリ !止めときます 笑)
2016/08/30 17:22  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |