タカサゴユリ(高砂百合) ~外来種の野生化~
- 2016/08/20(Sat) -
タカサゴユリ161

白いタカサゴユリ。
花びらの裏側に薄紫の筋が入る。
毎年、猛暑をものともせず数カ所に現れる。
百合としては申し分ない美しさなのだが。
その生命力と繁殖力は強く、なかなか絶やすのが難しい。
花が咲いたところで少しだけ剪って活けるが、あとは抜く。

私にとっては、百合といってすぐに頭に浮かぶのはいつも鉄砲百合。
過去といろんな情景が合わさって思い出される。

  すぐひらく百合のつぼみをうとみけり  (安住敦)

タカサゴユリ162

タカサゴユリ163
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
<<ナシ(梨) ~樹育てと恵みと「時」と~ | メイン | タイム (Thyme)  ~雨乞いでもしたくなる~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |