シモツケ(下野・繡線菊) ~盆の入り~
- 2016/08/13(Sat) -
シモツケ1621

シモツケが咲いたのは6月の半ばだった。
多数の淡紅の花は、その後枯れ色となり、切り取られて葉姿になった。

そして二ヶ月が経ち、再び花芽が育ち、以前と同じように密な花姿を見せてくれている。
かたまりが一つの花のように見えるが、小さな五弁のかわいい花の集まりである。

シモツケは本来、山野に自生しているという。
私も、大分前に山道で林に溶け込んで大株になっているのを見たことがあった。
周りの木々となじんで静かに咲く情景が浮かんでくる。

地味ではあるが、野趣に富み、好きな花の一つである。

    繍線菊や思い出ばかり盆の入り (あや)

シモツケ1622

シモツケ1623

シモツケ1624
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
<<ヒマワリ(向日葵) ~太陽と麦わら帽子と水遣り~ | メイン | オカトラノオ(丘虎尾) ~♪白い色は恋人の色♪~>>
コメント
シモツケ
シモツケは2度咲くのでしょうか?
我が家でも6月の頃より少ないですが、又この時季咲いています。
2016/08/16 08:35  | URL | しーちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |