ニワフジ(庭藤) ~この先の思案~
- 2016/08/10(Wed) -
庭藤2161 - コピー

離れた畑に隣接する土地の発掘調査は終了し、埋め戻された。
そして重機が入り、宅地造成が始まっている。
共用道路が掘り下げられ、上下水道の敷設工事が進められている。
今は両脇が住宅になっており、畑は二の字の中にある。
新たな住宅が生まれるとコの字の形になって取り残され、周りは住宅に囲まれることになる。

草かきの手を休めてその作業の様子を眺める。
汗を拭きながら思案する。
先の事を考えると、この畑は手放すのがいいのではないかと。

畑の片隅では庭藤が咲く。

  炎熱や勝利の如き地の明るさ  (中村草田男)

庭藤2162

庭藤2163
この記事のURL | 日常・おはなし・他 | CM(1) | ▲ top
<<ホオズキ(酸漿・鬼灯) ~紙風船のように~ | メイン | ナス(茄子) ~糸蜻蛉がピタリ~>>
コメント

手放さずとも 一坪農園として付近の住宅の方に貸し出す
と言う考えも有りますね。

その畑が 住宅地のオアシスみたいな存在にも
なっているのかなぁ…とフト思いました。

庭フジに 初めてお目に掛かりますが
可憐ですね ♪
2016/08/10 10:49  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |