ギボウシ(擬宝珠) ~蜂がいるひととき~
- 2016/07/21(Thu) -
ギボウシ160

花を多く付けたギボウシ。
それを持ちこたえられず傾き倒れる。

蜂がやってくる。
深い花の奧へ奧へ。
上の花、下の花、横の花へと。

長閑な夏の刻。

  這入りたる虻にふくるる花擬宝珠  (高浜虚子)

ギボウシ161

ギボウシ163

ギボウシ162
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
<<ユリ(百合・タラゴナ) ~揺れつつ語り合いつつ~ | メイン | キキョウ(桔梗) ~ひっそりと一隅に~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |