ムクゲ(木槿) ~儚い花木槿~
- 2016/07/18(Mon) -
ムクゲ160

空の青に緑の葉に白い花。
花底には鮮やかな紅化粧。
朝開き夕に閉じ落ちる儚い花。
只今、その日ぐらしの花木槿。

  花木槿 (奈美あや)

 木槿の花を一つ取り
 麦わら帽子の紐に挿し
 かぶせてくれたあの時の
 あなたと歩いた夏の朝

 暑さの中で次々と
 美しく咲くも悲しいと
 短い命の一日の花
 教えてくれた夏の朝

 木槿の花を見る度に
 思い出しますあの頃を
 あなたのやわらか右の手と
 一緒に歩いた夏の朝

   白木槿まいにち咲いてまいにち淋し  (山口青邨)

ムクゲ161

ムクゲ162

ムクゲ163
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
<<ノウゼンカズラ(凌霄花)  ~強い日射しに似合う~ | メイン | グラジオラス(Gladiolus) ~思い出す景色~>>
コメント

子供の時にこの木槿を押し花にしたことを思い出しました。芯の方が硬くて新聞紙を突き破りそうになり途中でであきらめたことを・・・・それにしても立派な木ですね。
2016/07/18 11:37  | URL | miya #gSYF2qqM[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |