アナベル(Annabelle) ~手毬のよう~
- 2016/06/24(Fri) -
アナベル161

咲くのはアナベル。
小さな花が集まって手毬のようになっている。

蕾の頃は淡緑。
徐々に色を落とす。
そして白く。
 
   ○  八木重吉

 ぼくぼくひとりでついていた
 わたしのまりを
 ひょいと
 あなたになげたくなるような
 ひょいと
 あなたがかえしてくれるように
 そんなふうになんでもいったらいいなあ

切ってポ~ンと空に跳ね上げてみたくなる。

   あぢさゐの毬は一つも地につかず  (上野章子)

アナベル162

アナベル163

アナベル164

アナベル165

アナベル166
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
<<イトバハルシャギク(糸葉春車菊) ~夏色の趣と思い出と~ | メイン | ノリウツギ(糊空木) ~蟬の声を聞く~>>
コメント

毎日訪問させて頂くのが楽しみです。
これがあのアナベルですか!

手毬が弾けて
妖精の笑い声が聞こえて来るようですね ♪
2016/06/24 16:04  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |