ハナショウブ(花菖蒲) ~6がつのあめのなかで、ぼく、かんがえたよ~
- 2016/06/20(Mon) -
ハナショウブ161

雨は好きである。
もちろん適度な量の雨である。
しとしとの雨ならなおさらである。
用もないのに傘を差して庭へ出てみたくなる。

葉に雨をためた木々の枝が撓んで傘を邪魔をする。
裾のあたりがところどころ濡れるのも嬉しくさえ思える。

草花も日射しの中の時とはまた顔が違う。
♪ピッチピッチ チャップチャップ ランランラン。
童謡ではないが、楽しげに歌っているような表情を見せるのもある。
♪雨に濡れながら佇む…。
もの悲しさや憂いの表情のように見えたりも。

花菖蒲もだいぶ咲きだした。
雨に濡れたのもいい絵姿である。

   はなびらの垂れて静かや花菖蒲  (高浜虚子)

ハナショウブ162

ハナショウブ163

ハナショウブ164

ハナショウブ165
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
<<シモツケ(下野・繍線菊) ~ひしめきあって花盛り~ | メイン | ドクダミ(十薬)~ド・ク・ダ・ミという音の響き~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |