クリ(栗の花) ~またこの匂う季節~
- 2016/06/14(Tue) -
栗161

また今年もその強い匂いが広がる。
栗の花から放たれる。

木全体が象牙色の長い花穂に覆われる。
それは小さな花が多数に集まる雄花。
雌花はその付け根に小さく丸い姿で一つだけ。
数日もすれば垂れ下がる雄花はすべて落ち、地面を埋め尽くす。
受粉が整った雌花はそのまま木に残り、秋まで成長を続け、そして実となる。

この独特の匂いで、季節が梅雨さなかにある事を私は実感する。

   栗咲く香この青空に隙間欲し  (鷲谷七菜子)

栗162

栗163

栗164
                               雄花
栗165
                               雌花
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(2) | ▲ top
<<バイカウツギ(梅花空木) ~梅雨時の花~ | メイン | キハギ(木萩) ~河川清掃ですっきり~>>
コメント

栗の花初めて見ました。雄花雌花、面白いですね。どんな香りがするのでしょうか?いい香りだといいのですが・・・
2016/06/14 08:27  | URL | miya #gSYF2qqM[ 編集] |  ▲ top


夜 ウオーキングしていますと
暗い木立の中から 強い芳香がして
今年も栗の花の咲く季節だなぁ!って実感します。
おびただしい 雄花の花穂はチョッピリ苦手でしたが
可愛い栗の坊やの写真には 頬がゆるみました。
みんなで守っていたんですね〜笑
2016/06/14 13:25  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |